いちのみやんロゴ
いちのみやん一宮市内の歴史ポイント>笠懸の松

笠懸の松

笠懸の松は近隣にある七つ石(剣研石)と共に日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の伝説が残る場所。一宮市には倭姫命の伝説もいくつかありますし、かつては皇族と繋がった豪族に関係の深い土地だったのでしょうか。

日本武尊は、熱田神宮を出て伊吹山の荒ぶる神を平定に行く途中に一宮市辺りを通り、まず七つ石(剣研石)で刀を研ぎ、そして笠懸の松に笠をかけて休んだという言い伝えがあります。

この辺りは地名が「下がり松」ですし、きっと昔から伝説の元になるような立派な松の木があったのでしょうね。それが七つ石(剣研石)と共に日本武尊に結び付けられたのでしょうか。かつてかった松は枯れて今はなく、若い松が植えられています。また笠懸社という小さな神社があります。

笠懸の松

笠懸の松のデータ

笠懸の松の基本情報

住所 大和町宮地花池字下り松
地図 Google Mapで笠懸の松を表示する
備考

Sponsored Link